欠点が強みだと気づいた瞬間に、最強の武器になる。

ずっと、人目が気になっていた。

人のことなんて気にするなって言われてきた。

自分は自分でしょ?って言われてきた。

確かにね、そうだよね、と思っていた。

その一方で違和感があった。

そして気が付いた。

わたしは人のしていることが気になっていたのではない。

人の言っていたことが気になっていたのだ。

だから、

他の人の言葉に耳を貸すな、とか

自分の心に聞いてみろ、と言われることのほうが、

胸に堪えた。

それは、わたしの欠点だと思っていた。

そこが、わたしの弱点だと思っていた。

でも、それこそがわたしの最強の強みだったのだ。

だって、今、わたしは言葉を生業としている。

誰かの言葉に、様々なことを想起する。

だから、文章が書ける。

ストーリーが思い浮かぶ。

そして、

どういった感情からその言葉が出るのかが

見える。

その言葉から見ている方向がわかる。

だから、カウンセリングが出来る。

だから、セラピーが出来る。

そして、気持ちや思考の方向転換には、

どの言葉を使えばいいのかが分かる。

だから、漢字診断や言葉リーディングなど、

オリジナルなツールを生み出すことが出来る。

生まれながらの気質や育った環境、

その中で育まれてきたパーソナリティ、

自分で自分のことを持て余すことも多い。

でも、欠点を長所だと気づいた瞬間、

それは最大の武器になる。


PDF

前の記事

たった一つの夢