漢字診断は、自分と向き合う覚悟のある人だけお試しください。

悪戯に漢字診断をしていると、

その人の癒えていない傷に触れるときがある。

臆病なわたしは、

その反応に驚き、身をすくめてしまう。

こんなわたしが、

カウンセリングやセラピーが出来るのだろうか、

といつも思う。

そして同時に、漢字の威力を改めて実感する。

漢字診断なんて始めた当の本人が、

一番戸惑っている。

漢字診断でその人の思考のバランスがわかる。

その人の価値観が見える。

そしてこれまでの人生が見える。

今、何を思い、何に向かっているのかも見えてしまう。

また、何に耳を塞ぎ、何から目を逸らしているのかも

わかる。

みんな、本当?っていう。

漢字で分かるものなの?っていう。

だから、試しにやってみる?って聞く。

漢字の表を見せるときもあるし、

幾つかピックアップして、選んでもらうときもある。

そして、気づくのだ。

まだ癒えていない傷に。

必死に目を逸らそうとしているものに。

こう見てもらいたいと演じている姿に。

そして、素の自分自身に。

そして、それを示している漢字がある。

でも、それをどこまで伝えればいいのだろうと迷う。

心を暴いている気がする。

漢字診断は諸刃の剣だ。

今の自分の姿が見えないと、そこから先には進めない。

傷の場所がわからないと、癒えているのかがわからない。

だから、自分を知るということは、必要なことのはず。

でも、知ってしまえばより傷が深くなることもある。

結果的には、それが治す一番の方法だったとしても、だ。

だから、注意書きを書くことにした。

【閲覧注意】

自分と向き合う覚悟のある人だけ、お試しください。

漢字診断表(A5 横)は下記でダウンロードしてください。

https://blog.kotoba-cocoro.jp/wp-content/uploads/2022/08/kotoba-cocoro-k.pdf


PDF