過去は消すものではなく、包むもの

先日、母が郵便局で朝顔の苗を貰ってきた。「ご自由にお持ち帰りください。種が出来たら、お返しください。」と書いてあったらしい。

種から育てるのが一番大変だから、と母は喜んでいた。

持続可能な素晴らしい取り組みだと思った。

一年草は、季節が終わると種や球根に戻る。

でも、それで命が終わるわけではない。

これまでのことを全て包んで種や球根になる。

そして新しい季節を待つ。

全てをリセットして生まれ変わるわけではない。

それが生命を持つモノたちの営みだと思う。

わたしたちもそうだ。

生まれ変わったつもりで生きることはできる。

モノゴトを一からやり直すこともできる。

でも、リセットは出来ない。

何を消しても、名前を変えても、

リセットすることだけは出来ない。

それだけは間違いない。

だから、どんな過去も想いも、

ココロの種子で包みまれているはず。

だからこそ、大輪の花が咲くのだと思う。


PDF